メカニズムは大事

いろんなメカニズムを考えます。

非エンジニアが家電をIoT化してみた話

家の家電をIoT化※1して非常に便利なため、多くの人にも導入していただきたく、何を使ったか・構成・設定方法など整理しておきます。

また、非エンジニアの自分でも簡単に組めたので「やってみたいな」と思っている非エンジニアの参考になればと思っています。躓いた箇所なども記載しておきます。

 

【結論】非常に便利、ないと困るものに

良かった点

想定通り、リモコンで操作できる家電はすべて音声で操作できるようになりました。電気の消灯・明暗、テレビのオンオフ・チャンネル変更、エアコン操作、リモコンのついていた加湿器まで操作できるようになりました。

ないと困る

家を出るときや就寝の際、音声で操作できるというのは、物理的に移動してリモコンや電源の操作をしなくて良いので助かります。

家を出ようとしたとき、ベッドに入って寝ようとするとき、「電気消して」で消せるのは非常に便利です。

導入してわかったこと

導入してわかったことは、上記にも記載した通り、日常は物理的に移動して家電を操作しなければいけいシーンが意外と多かったので音声操作は役に立つことと、

アプリでの操作も可能になるので、外出先から操作できることは地味に良いと感じます。暑い日など、帰る少し前にエアコンをつけたり、など。

 

 

では、改めてやったことなどの整理を記載します。

IoT化で何をしたのか

  • AmazonEchoによる家電の音声操作
  • IoT化と言いつつも、実際はスマートリモコンによる音声操作
  • 複数の部屋で、別の部屋から操作可能

AmazonEcho、GoogleHome、LINEのClovaといくつか選択肢がありましたが、今回は音声でスマートリモコンを操作し、複数の家電を操作することを想定し、いくつかサイトを調べた結果、スマートリモコンとの連携性をザッと見て、AmazonEchoにしました。

参考にしたサイトは以下です。記事の通り構築すれば、問題なく設定できました。

【Amazon Echo】eRemote の使い方 【テレビ・エアコン操作】 4/2追記 - ガジェット好きは賢く生きたい

 

構成

構成は、以下のような図。音声、アプリにてスマートリモコンを通して家電を操作します。

f:id:s155531:20190223050659p:plain

iot-diagram


どうやったのか

上記にも記載した通り、下記のサイトを参考にして実施しました。

【Amazon Echo】eRemote の使い方 【テレビ・エアコン操作】 4/2追記 - ガジェット好きは賢く生きたい

特に難しい点もなく、ブログを行き来しながら、コツをつかめばスムーズに設定できました。

ブログ内にも記載してあるのですが、テレビの操作「○○局にして」や、電気を明るくしたり暗くしたりすることを「電気あげて、さげて」といった”言葉”については、若干の違和感がありますが、問題なく操作できています。

 

何を使ったか

今回使用した商品や家電、アプリについて記載します。

基本は、アプリで設定し、AmazonEcho → ルーター → スマートリモコン → 家電 の流れを音声で操作します。

商品 役割 必須
AmazonEchoSpot 入力機器 △※2
AmazonEchoDot 入力機器 △※2
ルーター インターネット接続
eRemote スマートリモコン △※3
eRemote mini スマートリモコン △※3
eHome アプリ
Hue ブリッジ 家電  
Hue ランプ 家電  
Philips Hue アプリ  
シーリングライト 家電  
加湿器 家電  
エアコン 家電  
テレビ 家電  
AmazonEcho

AmazonEchoは、声で操作したい部屋に置きます。1台で十分です。

商品は、それぞれ機能の違いがありますが、画面がついていたり、スピーカーがサラウンドだったりと、付加価値としての差異であり、音声操作自体に差異はありません。

最も安い、AmazonEchoDotで問題ないと思われます。

  

 

ルーター

すでにお使いのWi-Fiルーターで問題ありません。

ただし、こちらはAmazonEchoも、eRemoteも2.4GHz帯にしか対応しておらず、5GHz帯ではネットワークに繋がりません。

周波数 規格 対象
5GHz 11ac/n/a NG
2.4GHz 11n/g/b OK

詳しくは、価格.comで説明されております。

kakakumag.com

 

eRemote

スマートリモコンはLinkJapanのeRemoteを利用しました。

eRemoteは、AmazonAlexa認定商品であることや、説明されているサイトも多く、導入が容易です。

いくつかシリーズが出ておりますが、温度センサーの有無など、こちらも付加価値による差異で、スマートリモコン機能自体には差はありません。

こちらも安い商品で問題ありません。

 

 

eHome(アプリ)

eRemoteを設定したり、動かすアプリです。

iOS,Androidそれぞれリリースされています。ログイン機能があり、設定した情報は他のスマートフォンでもすぐに使用することができます。

eHome

eHome

  • LinkJapan Inc.
  • ライフスタイル
  • 無料

play.google.com

Hue

操作する家電はリモコンさえあれば基本的にはなんでも操作できるのですが、PhilipsのHueが話題にあがっていたため、こちらも購入してみました。

結論としては、機能が過剰で、既存のシーリングライトで十分です。

 

できることとしては、シーンに応じたライトの明るさ・色の調整がメインです。

機能が多いことも有り、電球が6000円~と、なかなか高額です。

 

また、HueブリッジというeRemoteのような中央管理装置が必要で、こちらも6000円前後の費用がかかります。

 

メリットとしては、電球とHueブリッジが赤外線通信ではないため、遮断物があっても操作可能です。

Philips Hue

Philips Hue

  • Signify Netherlands B.V.
  • ライフスタイル
  • 無料

play.google.com

Hueは、電球を操作できる専用のアプリがあります。初期設定などでも利用します。

 

家電(電気やテレビ)

家電は、リモコンがあればどの家電もeRemoteで操作可能です。

加湿器もリモコンがある商品だったため、音声で操作可能となりました。

就寝する際、ベッドから湿度を調整したり、ナイトモードに切り替えたり、何かと便利です。

その他の家電として、テレビ、電気、エアコンを操作しております。

 

テレビは、「Alexa、テレビをつけて/けして」「Alexa、日本テレビ/4チャンネル」などの言葉で操作できるようにしています。

 

電気は、「Alexa、電気つけて/けして」「Alexa、電気明るくして/暗くして/あげて/さげて/100%」など、いくつか操作の方法があります。暖色、白色の変更ができないのが難点ですね。

就寝の際、隣の部屋の電気を常夜灯でつけ、少し明かりが入るようにしているのですが、就寝する部屋から操作できて便利です。

 

エアコンは、「Alexa、エアコンつけて/けして」「Alexa、暖房つけて/けして」「Alexa、冷房つけて/けして」「Alexa、エアコンあげて/さげて」などができます。

加えて、アプリから外出中の操作が可能で、帰宅時に室温が最適になるように操作できます。

また、室温については、eRemoteであれば、アプリから確認することができます。eRemote miniは室温は確認できませんのでご注意ください。

ペットやお子様がいるご家庭は、重宝されるかもしれません。

 

注意点

導入するにあたって、いくつか注意点がございます。

赤外線通信なので遮蔽物があると操作ができない

eRemoteはリモコンの代替で赤外線通信のため、遮蔽物があると操作できません。

これが意外とネックになります。eRemoteは必然と「部屋の中心」かつ「なるべく下に設置する」ことになるのですが、部屋の中心ですと、電源がありませんし、棚の下段に置くと上部に遮蔽物があることが多く、通信できないことがあります。

私は、テレビ台に置いており、そこから部屋全体に届くように設計しました。

 

アプリに罠があります

ご案内したブログ内にも記載がありますが、eRemoteの説明書に記載されている「e-contral」というアプリを使うと、AmazonEchoを使った音声操作がうまくいきません。

まさに「罠」だなという感じ。

f:id:s155531:20190224171213p:plain

eRemoteの罠

多くの操作を電気で登録

エアコン、テレビ、電気など、主要家電の主な操作はeHomeで提供されている標準パッケージ的なものでカバー可能なのですが、特殊な操作(例えば「Alexa、日本テレビ」や「Alexa、暖房つけて」など)は、すべて「照明」で登録する必要があります。

 

主な操作:Alexa、”テレビを”つけて”

特殊な操作:Alexa、”日本テレビ

 

これは、AmazonEchoの文法が、「Alexa」+「家電」+「操作(つける/けす/あげる/さげる/オン/オフ)」という文法になっているため、「操作」に「日本テレビ」や「暖房」といった用語がないためと思われます。

 

仮に、主な操作でテレビやエアコンを操作しようとすると、以下になります。

テレビ:Alexa、テレビを日本テレビにして

エアコン:Alexa、エアコンを暖房にして

 

しかし、Alexaは上記操作ができません。

Alexaは、「あげる」や「さげる」、「オン」「オフ」といった汎用的な操作言語しか登録されていないため、「日本テレビ」や「暖房」といった固有の操作用語がないためと思われます。

 

そのため、回避方法として、「照明」で家電を登録し、リモコンのボタンを覚えさせ、「照明」の名前を「日本テレビ」などに変更することで、Alexaの文法の「家電」を「日本テレビ」という家電として擬似的に登録し、「オン」「オフ」といった操作のみできるようにしております。

特殊な操作:「Alexa」、「日本テレビ(家電)」+「操作」

ちなみに、「操作」を省略する(命令しない)と「オン」として扱われるようなので、テレビをつけた状態で「Alexa、日本テレビ」というと、日本テレビにチャンネル変更してくれます。

 

「家電」については、入力した文字列を音声判別できるようで、「暖房」や「日本テレビ」「テレビ東京」などのAlexa側の辞書にヒットすれば、音声操作可能となります。

 

Alexa操作文法:『「Alexa(起動)」、「家電(Alexa辞書にあるか)」を「操作(Alexaの標準操作言語)して」』

 

まとめ

まとめとして、設定はいくつかの参考サイトを見ながら実施すれば、誰でも可能です。

また、IoTと言っても、リモコンを音声で遠隔操作しているので、家電自体は直接インターネットに接続されてはおりません。

それだけでも十分便利で、物理的に移動してリモコンを操作しなくて良いのは、非常に効率的に感じます。

 

※1 IoT化とは言いつつも、実際はAmazonEchoなどの音声デバイスを通して、スマートリモコンを操作しているため、本来のIoTの「モノのインターネット」を擬似的に構成しています。

※2 AmazonEchoは、Spot、Dotなど、いずれか一台が必要です。

※3 eRemoteは、miniなど、いずれか一台が必要です。

損益計算書(PL)の英語表記整理

損益計算書(PL)は、Plofit and Loss statement のPlofitとLossの頭文字をとって、PL

それぞれ、英語ではどう表記されるかを整理します。

 

日本語表記 英語表記
Japanese English
売上高 Sales,Net sales,revenue,Top line
売上原価 Cost of sales
売上総利益・粗利益 Gross profit
売上総損失 Gross loss
販管費(販売費および一般管理費 Selling, general and administrative expenses
営業損益の部 Operating profit and loss
営業利益 Operating profit,
Operating income
営業損失 Operating loss
営業外損益の部 Non-operating profit an loss
営業外収益 Non-operating income
営業外費用 Non-operating expenses
経常損益の部 Ordinaly income
経常利益 Ordinaly profit
経常損失 Ordinaly loss
特別損益の部 Extraordinary income
特別利益 Extraordinary profit
特別損失 Extraordinary loss
当期純利益の部 Net income,bottom line
純利益 Net profit
純損失 Net loss

【比較】Mr.Children(ミスチル)のストリーミング配信状況【2018/8/8時点】

各ストリーミングサービスがはびこる中、Mr.Childrenミスチル)が配信されているサービスを調べてみた。

Mr.Childrenが配信されているストリーミングサービス比較

タイトルの日付時点で、以下の通りのようです。

  運営元 キャンペーン 通常料金(税込) お得プラン MrChildren
Spotify Spotify 3ヶ月100円 980円/月 家族5アカウントまで1480円
Apple Music Apple 3ヶ月無料 980円/月 家族1480円、学生480円
Amazon Music Unlimited Amazon 4ヶ月99円 980円/月 プライム780円
Google Pley Music Google 30日無料 980円/月 家族6アカウントまで1480円
Line Music LINE 3ヶ月無料 960円/月 学生480円
AWA サイバーエージェント 3ヶ月無料 960円/月 なし
dヒッツ docomo 初月無料 500円/月 なし
レコチョクBEST レコチョク 初月無料 980円/月 なし
楽天ミュージック 楽天 初月無料 980円/月 楽天ポイントが貯まる
うたパス au 初月無料 500円/月 なし

 

ストリーミングでMr.Childrenを聞くならどれがおすすめ?

料金の傾向としては、以下のようです。

  • 音楽配信メインのサービスは980円/月程度
  • キャリアは500円/月
  • 音楽配信メインのサービスは家族割などがある

料金的には大きな差異はなく、圧倒的違いはない!

強いて言うなら、Amazonプライム会員の人はAmazonがおすすめ?

 

無料キャンペーンでここ1年くらいはしのげそう

各サービス、初月~3ヶ月無料(かかっても100円程度)のキャンペーンを実施していて、無料期間に解約を忘れずに行えば、1年くらいは無料でMr.Childrenミスチル)を楽しめそう。

2018年時点、ストリーミングサービスは乱立しており、これから統廃合が進む可能性が考えられます。

価格競争に発展する可能性もあるため、いったんキャンペーンを利用して様子を見つつ、お得なサービスで本会員になるというのもアリ!

お題スロット:好きなビール

お題スロットとやらをやってみる。お題はこちら→お題「好きなビール」

 

ビールはよく飲む。

けど、カロリーが気になるので、カロリーオフとかもよく飲む。

けど満足感が足りない!

 

そんなこんなで以下の順位。

 

3位:淡麗グリーンラベル

体型を気にしているので、体に優しい。

  • 味:麦の味とか薄い
  • 値段:スーパーで買うと170円くらい
  • 飲む量:350ml1本飲めれば満足

 

2位:サ・ブリュー

プライベートブランドだけあって、値段が安い。そのわりにうまい。発泡酒なのに。

  • 味:うまい。甘みが強いように感じる。
  • 値段:100円ちょい、正直これでいいのでは?と思うくらい。
  • 飲む量:500ml1本。カロリーオフverもうまい。

 

1位:スーパードライ

王道の味。うまい。

  • 味:キレというのがわかる。わからない人にもわかる。
  • 値段:200円ちょい。生ビール高し。
  • 飲む量:500ml複数本。宴会にいくとよく大量にあるのでうれしい。

 

 

大手とベンチャー、どちらに就職すべきか

よく見かける「大手・大企業とベンチャー・中小企業、どちらに就職すべきか問題」について、自分なりの回答をまとめます。

賛否両論あると思いますが、自身の経験と、周りの方々を見てきた観点から述べます。

 

【結論】若手時代はベンチャーが良く、歳を取ったら大手が良い

私はベンチャー・大手など複数社に就職しました。結論としては、若いときはベンチャーが良く、歳を重ねたら大手が良いという考えに至っています。

ここで言うベンチャーは、未上場企業で一発当てたいと目論んでいる企業を指しています。中小企業基本法の中小企業ではありません。

また、「若手」は新卒〜30歳未満を指します。肉体・精神面において無理できる時期と考えています。人によって変わってくると思います。

 

ざっと、以下のような分類に分けて整理していきます。

  ベンチャー・中小企業 中堅企業 大企業・大手
社員数 100名 1,000名 10,000名
売上規模

10億

500億 1兆
事業の種類 単一事業 2,3個の柱の事業

様々な領域でトップ

 

ベンチャーでチャレンジすることで学び、大手に活かす

なぜ、若手時代はベンチャーが良いかと言うと、仕事の範囲が広く、学ぶことが多いからです。大手は効率化のために分業される傾向にあり、ベンチャーは分業化されておらず、多くのことを個人が担当しなくてはいけません。

具体的に私がベンチャーで経験して役に立っていることは、法務(契約)・経理(見積もり・請求)の経験を積めたこと。電話対応も意外とビジネスマナーとして今も役に立っています。

また、若いときはチャレンジできるというのも良いと感じています。歳を重ねると失敗できないという訳ではないですが、年齢を重ねるにつれ、生活環境も変わってきて制約は増える傾向にあると思います。(結婚や世間体など)

大手に進みたいときは、上記の様々な経験やチャレンジ実績を武器に、大手に挑めば良いと考えます。

 

年齢が意外と大事だぞ、大企業

社風にも大きく左右されるので一概には言えないですが、年齢を重ねて大手に転職した場合、年功序列が作用し、在籍期間を問わず、存在感を発揮できる場合があります。

大手は軒並み以下の傾向がありました。

  • 年上の話を聞く傾向にある
  • 採用するマネージャがアサイン先の部署の人間関係も考慮しているので年齢的ミスマッチは起きづらい
  • 大手はベンチャーほど求められる仕事の範囲と難度が高くない(後ほど詳細記述)

若手時代、ベンチャーで何でも仕事をこなし、様々な経験を積んで大手に転職すると、仕事の面では困らない上、みなさん話を聞いてくれて、とても仕事を進めやすい傾向にあると感じます。

 

歳を重ねてからのベンチャーチャレンジは大変である

逆に大手からベンチャーに転職すると、雑務等の仕事の範囲が増えることと(そしてそれをみんなが当たり前にこなしている)、大手企業ブランドの期待値があるので高い要求がくる可能性が高いです。給料の面からも言えると思います。

歳を重ねてからの起業についても同様に大変であると考えます。大手から起業している人を何人も見ましたが、成功する人はほんのわずかで、大手で限られた領域に特化していたことが、残念ながらマイナスに働く傾向にある場合が多いように感じます。

 

中小起業、大手のそれぞれのどんな人がいる?

ここまで書いてると、ベンチャーは何でもできる人間が育ち、大手はパーツ人間しかいないような書き方になっていますが、そうではないです。

大手は、経営者が優秀・新卒が優秀=突き抜けた人材がいるという印象があります。

ベンチャーは、全員が比較的なんでもできるが、大手と肩を並べるために企業価値を高められる人材はいないように感じます(自分もですが)。

  ベンチャー・中小企業 中堅企業 大企業・大手
経営者 普通・いつもベンチャー起業同士 優秀 優秀・人脈がある
管理職 優秀なプレイヤーがマネージャーへ サービス愛が強く、プレイヤーとして最上級 ”マネジメント”として機能している
中途 活躍しづらい環境 求められる役割をこなす ばらつきが多いが能力が低くても目立たない
新卒 ばらつきが多いが育つ 雑用が多く成長しない さすがに優秀な人間が多く力を発揮している

 

給料はもちろんベンチャーより大手が良いよね?

それはもちろん大手が良いでしょう。大手はすごいですね。給与以外にも、福利厚生面が充実しているので、給与に直接現れない恩恵を受けていると思います(軽食、ドリンク、飲み会経費など)。

ベンチャーは一発当てれば、ストックオプションやポジションの創出による早期の昇進などもありうると思いますが、不確実性が高いので、期待値としては大手が高いでしょう。

結局は何をしたいかが大事

冒頭、若手時代はベンチャーが良く、歳を重ねたら大手が良いと記載しましたが、結局のところは何をしたいかが重要と考えます。

本当にやりたいことや、自身の目的に沿ってないと、いつまで経っても転職の影がちらつくことになります。

それを早めに見つけ、企業規模に関係なく、チャレンジできる仕事を全うしたいものですね!